Saturday, 6 June 2015

調整と裁断、準備中です。

18年前にイギリスで製作した金型を使用する為に、再加工して使用可能となったエンボス・マシーンですが、調整、。

更に、微調整を繰り返します。
丸一日掛かりましたが、どうにか納得できる仕上がりになりました。

試作は、私の愛用のギャリソンベルトとなります。
 大分、着用感と細かいキズは有りますが、
 ゆっくりと、時間を掛けながらローラーで型押しして行きます。
今時、こんな感じで手作業の型押し?

機械化が進んだ現在では、時代錯誤かもしれませんが、
綺麗に仕上がりました。

新品の様にキズも使用感も無くなります。

当時、圧力によって耐久性や強度を強める技術開発となりますが、
現在では、意味なく型押しは安価な物といったイメージとなります。

そして、裁断となります。
 ベルトの革は帯状ですが、実際はこの様に1枚の革からの加工となります。
 これは、牛の半栽(半分)ですが、縦方向に水平に切れ目を入れ。

1800年代から使用されているストラップ・カッターにて均一な巾で帯状に裁断していきます。
 そして、やっと材料としての帯が完成致します。
こんな物作りを、ずっとやって行ければと考えております。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑