Saturday, 8 August 2015

革の場合は、縫製の際に色々変わります。

裁断は、革の表情を見て行います。

シボ(シワの部分)を多目にと、お客様からのリクエストです。
裁断を終え、。
縫い合わせ後には、ハンマーとなります。
 革の場合は、アイロンが掛けられませんので。
 ハンマーで、縫代を叩いて押えていきます。


 そして、縫い直しが効かないので慎重にステッチを入れます。
 完璧です!
 次に、バイザーの縫製。
 裏側は、コーディロイを使用いたします。
 当時の資料からの仕様です。
 ツバ芯を入れて、。

 こんな、感じとなります。
 天ボタンを付けて、
革の場合は、製作の際にミシン調整や工程が変わってきます。
細かい点は企業秘密となりますが、拘って製作中です!

また、UP致しますのでご覧下さい。

以前の記事は、こちらからご覧下さい。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑