Monday, 10 August 2015

By Order Original Casquette / Horse Hide

別注にて作製中の馬革のキャスケットです。

縫代は重なる厚みによって、手剥きで薄くします。
トリムの裏側にインナーベルトを取り付けます。
そしてクラウンが完成いたします。

ちなみに帽子のツバ以外の山の部分をクラウンと呼びますが、。
本来、クラウン(Crown)とは王冠を意味する物です。

確かに、王冠ぽいです。
天ボタンも、手縫いにて革でくるみます。
こんな事は今時、誰もやりませんが、。
これも、私の拘りです。
しかも、手縫いで付けていきます。
こんな事は今時、誰もやりませんが、。
そして、ツバを付けて本体が完成。
今回は試作を兼ねて、同サイズにて2種類の大きさのクラウンでの製作です。
ご依頼はサイズ:58cmですが、革の厚みを考えて60cm用のクラウンと58cm用のクラウンの2種類です。
サイズを安定させる為に、型に固定いたします。
現在アパレルの大半は、デザイナーでは無く、、、。
デザイン画も書けないのに流行に敏感。

ミシンの踏めない、型紙も外注にてそれ風でOK。
縫製も、しかりで残念です。

お客様に喜んで頂けれと思い、。
時代遅れですが、自ら作る私の物作りです。

以前の記事は、こちらからご覧下さい。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑