Thursday, 3 October 2013

ご予約と、多数のお問い合わせ有難う御座います。

試着画像遅くなりましたが、ご覧下さい。
まずは、当時のカタログよりコーディネート致しました。
1936年にリリースされた今回の企画のジャケットは、とてもシンプルなライディング・ジャケットでした。
 ですが、上質なホース・ハイドと運動性の有る優れた設計となりなす。
 これが、Bi-swingです。
そして、バック・スタイルです。
とてもシンプルですが、どの方向からも、隙のない設計となります。

少し角度を変えて、。
 私の好きな横に水平な衿の角度、この感じです。
 50’sを思わせる肩からのデザインは、このジャケットがやはり原型かと、。
厚い原皮(本来の革の厚さ)から、あえて贅沢に薄く加工(革漉き)致しました。
重量感と素材感は、リアルな当時の雰囲気に近い物となります。

では次に、何時ものラフなスタイルで試着いたします。
 10年後も、多分この感じです。
頑張っている感じの派手なレザー・ジャケットでは有りませんが、どの方向からも、どの角度においてもスタイル問わずに、私がカッコ良いと思うジャケットの企画となります。

詳細等は、以前の記事をご覧下さい。
http://2nd-warp-and-woof.blogspot.jp/2013/09/1936-leather-zipper-jacket.html

尚、お問い合わせ頂いているブラウンに付きましては、またUP致します。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑