Tuesday, 22 October 2013

色々ありますが、私が納得しないと販売は出来ません。

バック本体の革ベルトが通る小判カンと言う、金具パーツですが、
表は綺麗でまったく問題は有りませんが、裏側は4ヶ所に亀裂が入っていまうと工場さんから連絡が有りました。

良く言えば、これも雰囲気で古い感じにも、、、。
小判型のポンチで穴を開けて、
 メーカー指定で、専用の打ち具を使用しておりますが、、、。
勿論、納得行きません!
と言う事で、私なりに思考錯誤いたします。

手作業で慎重にパーツの足の長さの調整や、打ち具を削って、。
大分良い感じになりましたが、完璧では有りません。
やはり純正ですが、打ち具に問題が有ると判断致しました。(日本一の付属メーカーですが。)
そんな時は、 いつもお世話になっている"K製作所"にお願い致します。

数日後、新たに打ち具の完成です!
 明らかに違います。
足の長さと、メッキを変えて再度パーツを注文致しました。
 そして、サンプルにパーツを試し打ち致します。
 私の物作りは、いつもこんな感じで自分で納得行くまでです。
良い感じです。

そして本日、また海外に注文していたパーツが届きました。

以前の記事は、こちらからご覧下さい。
http://2nd-warp-and-woof.blogspot.jp/2013/09/blog-post_28.html

少しづつですが、生産に向けて着々と進行しております。
12月下旬に販売を予定しております。




No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑