Saturday, 8 June 2013

昨日、Original British Hospital Jacket のサンプルが届きました!

 まずは、S.LUBIN & SON LTD.1941年製の当時のオリジナルからご覧下さい。
とても、鮮やかなブルー(ホスピタル・ブルー)となります。
動き易い柔らかめのウール素材で、一枚仕立て、4つ釦、腰にパッチポケットが2つと言った至ってシンプルなジャケットです。
 ですが、前端から裾にかけての極端なカーブや、湾曲した独特な袖のラインはたまりません!
 ポケット裏には、ダッフルコート同様に綿テープでしっかり補強がしてあります。
胸の立体感を出す為、ラペル裏のゴージラインから顎ダーツ。
地衿には、芯押えのジグザグステッチが入っております。
 私が以前、このジャケットを購入した時に少し懐かしく感じた事を思い出します。
今から32年前の16歳の頃に買った、当時の私のバイブル"絵本アイビーボーイ図鑑"尊敬する穂積和夫氏のイラストと同じ袖でした!
しかも、4つ釦で、極端な前端のカーブ!

運動性を考えた独特なラインと大量生産できるシンプルなデザインは、学生の制服(スクールジャケット)や病院などのワーク・ユニホーム(ホスピタルジャケット)として1930年代から多く生産されていた様です。

それでは、サンプルの画像をご覧下さい。
今回は、ネイビーで試作いたしました。
 独特な袖のライン、勿論完璧です。
 ポケット裏の補強。
 バックスタイルは、ジャケットと言うよりカバーオールに近い印象となります。
 センターベントです。

 昨日、友人の森氏が遊びに来たので、試着をお願いしました。
 サイズは合っていませんが、雰囲気と着易さを確認致しました。
短パンですが、なんか良い感じです!

私の試着画像は、またUPいたします。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑