Monday, 9 June 2014

バイカーズ・ウォレットのデザインは、やはり。

当時、古着屋で非売品のベルトを目にして

でも売ってくれず、どうしても欲しくなり、、、。


そして、作る事に決定となります。


必死にパーツを集め、そして試行錯誤。

まだサラリーマンをしていた20年前に、趣味で作った自作ベルト1号です。
今でも、とても愛着があるベルトです。

その後、脱サラして店舗を構え、現在に至る訳ですが、、、。


スタッズベルトのバリエーションとして15年前に、リリースしたのがバイカーズ・ウォレット。

デザインは勿論、ベルトに合わせて放射柄の"Sunshine"でした。


その後、ご注文に応じてのデザインやアレンジとなりました。

当時は、10発、12発なんて呼んでいた私の代表作の2種類の放射柄を再生産したいと思います。
その他のデザインや別注、アレンジは一切、受け付け致しませんのでご了承下さい。



では、今回使用する石を少しご説明いたします。

 1930年代製のデッドストックの"イミテーション・ストーンズ"となります。
現在のイミテーション・ストーンは、主にプラスティックやナイロンなどの合成樹脂となりますが、

当時はそんな素材が存在せず、染色されたガラスを型に流し製造となります。
当時から、ガラス製品の製造では主要国、チェコスロバキア製です。
鏡同様に、裏面には金貼り加工を施してあります。
ルビーの独特な光を、表現致します。

高価な宝石とは異なる、イミテーション・ストーンの始まる1920年代後半~30年代の貴重なデッドストックとなります。
 パッケージの字体が変わる1940年代には、ブラックも生産されております。
今回の再生産には、とても貴重な当時の本物パーツを使用致します!!!

生産する石の色は、検討中ですが、。

現在では入手できないパーツを少しだけ使用致します。



15年前にアメリカから仕入れた、本当に貴重はパーツとなります。
10年を超えたお取り扱い店は、さすがに様変わりしていて、。

アメカジからビンテージ・ハーレー、そしてフランスのジプシー・ファッションだったり。
完全に、ただの通販向けショップに、、、

と、流行と売れそうなアイテムのみのセレクトショップに様変わりするのも仕方がない時代ですね。


何も変わらない私の物作りですが、。
お客様のリクエストにお答え出来ればと、私の一番のお薦めのデザインにて再生産予定です!!!


販売時期や価格等もサンプル完成後にUP致しますので、もう少々お待ち下さい。

また現在、ご予約は受け付けておりませんので、サンプル完成後に詳細をUPするまでは、
お問い合わせ等、お控下さい。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑