Thursday, 8 March 2012

夏に向けての企画です。

夏が嫌いではないのですが、暑さに弱い私の企画です。
今回の企画のイメージは戦後に一時安らぎを取り戻したベトナムのハノイ製の貴重な私物資料からとなります。




日本が武力によってフランス植民地政府から解体しベトナム帝国を独立。
それまで(1945年3月)フランスの植民地だったべトナムは、強制的に労働、産業の役割となっていた様です。
第二次世界大戦が終わった後も、植民地再建のためインドシナに戻ってきたフランス軍が戦争を、その後アメリカの参入した永いベトナム戦争、本当にとても嫌な時代です。

など、色々な事があったべトナムが世界的に生産国として評価されていると思います。

今回の資料はTOCONTAPと言うブランドネームが付くもので、釦や縫製方法、素材も1930'~1940'sですが実際には1950年代後半の物と思われます。
このブランド(会社)は現在もベトナムから世界に向けて産業を発信する企業となっております。

私が20代にベトナム製と解りながら、大切にしているのはそんな物作りです。


そして、サンプル完成です。

私の好きな時のサスペンダーとベルトの両方を考えたデザインです。
ループの下から持ち出しを通せば上からベルトが通せます。
やはり、釦フロントです。
トイレは少し我慢しないと、ですが。

この仕様は譲れないディテールです。
サイドのアジャストベルトはベルトレスでも10cm位はウエストサイズをコントロール致します。



そして右にしか付きませんがフラップ付きのポケットです。
表に釦ホールでは無く、フラップ裏にループが付き釦止めの仕様となります。
今年の私のNEW夏パンです。


試着画像は洗濯後にUPいたします。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑