Saturday, 7 April 2012

良い感じです!"Original Out Door Sport Bag"

以前からアウトドア・スポーツとしてハンティングやフィッシングなどのツールとしてのバッグの企画を考えておりましたが、今期リリースを予定しております。

勿論、1930's~より古い時代から存在したディテェールや形状を忠実に再現した上での私のアレンジとなります。

基本のデザインは4型で今回は企画しており、サンプルを作製致しました。

詳細は後日お知らせ致しますが、身長180cmオーバーの友人の試着画像をご覧下さい。

まずは、"Original Back Pack" です。
1920'sにアルピニズムと題された山登りや、キャンプ用のバックパック(背中に背負うバック)が流行致します。


両手がフリーになり、登山やツーリングにも最適かつタウンユースしてもお洒落に決まります。

"Original Flat  Fishing Bag"
次に大型の平面的な1940'sのフィッシングバッグです。

本来は、フィッシングに必需のネットはあえて 有りませんが、当時の資料からの正確な企画です。
現在で考えると大き目のワイドノートパソコンやお気に入りのLPレコードもスッキリと収まります。
 スタッフのYUTAが撮影の調整に、

身長で雰囲気も機能性も変わりますので、サイズ展開は検討致します。



"Original Small Fishing Bag"
当時もポーチの用な小型なバッグが有りました。

実際、一番使える小型のバッグかもしれません。
シンプルですが、きちん機能性を考え造ります。




そして、TALLBOYからもご紹介のメインの一番クラッシックなタイプですが、、。
アレンジをし過ぎてまとまりません。

サイズも含めて一から私が企画いたします。


素材はハンプと撚り杢ブラックシャンブレーをラバーボンディング致します。




では、私の試着画像です。
シンプルでデカイ。
からカッコ良いと考えました。

 チャリやバイクにも斜めがけの大型ショルダーはお洒落です!



大型のフラップはとても安心です。
頻繁にバックに出し入れする場合、何度もめくるのが面倒くさい時も有ります。
では、こんな感じで初めからフラップをめくっても有りです。
インナーベルトが有る為、特に不安感はなく逆に高級感も出ます。

それを逆に背おれば、こんな感じでこれもお洒落かも、。
ディテールは、1940's以前の忠実なデザインとなりますが、私のアレンジで現在使いたいバッグと考えております。

各バッグの詳細は、また後日UP致します。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑