Saturday, 28 July 2012

ARMY OFFICER'S TROUSERSを完全復刻致します。

41カーキ(大戦初期)や45カーキ(大戦後期~大戦後)がとても有名な、いわゆる現在のチノパンですが、やはり戦後のファッションでは欠かせないトラディッショナルなアイテムです。

アメカジ全盛の約20年前に軍物を中心とするリアルマッコイズなどのリプロダクションが大流行致しました。

実は当時、リアルマッコイズから私が依頼されており、41カーキ、45カーキなどのチノパンやA-2、B-3、B-15cなどのフライトジャケットに至るまで全て私が型紙を担当しておりました。

今回はそんな私が作りたいと以前より考えていた将校向けに作られたARMY OFFICER'S TROUSEERSを完全復刻して販売致します。

軍物と言う観点ではなく、独特のシュリエットは私の欠かせないワードローブです。
では、サンプルの試着画像をご覧下さい。
 ディテールは脇ポケットに入るアーキュエッドステッチ以外は、とてもシンプルですが後ろのダーツ位置やフラップの大きさなど絶妙なバランスです。
 残暑を終える時期の販売を予定しておりますので、ポロシャツにニットベスト。
一年を通してのアイテムです。
 

 オリンピックの選手団風に、。

 スタッフのYUTAも少しオーバーサイズでラフに良い感じです。
当時と同様にとても耐久性のある高密度の素材ですので、長く着用頂ける定番でお薦めのアイテムです。

詳細は後日UP致します。

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑