Friday, 4 April 2014

Original Air Bag / レザーパーツの組み立て。

Air Bag 50 のレザーフラップです。
 Air Bag 35 のレザーフラップです。
 手作業での念入れ(縁のライン入れ)と刻印。
 約3.8mm厚のヌメ革(スムース/セミ・アニリン仕上げ)
 裏側は、バインダー仕上げ(毛羽立ちを抑える加工)を施します。
 ハンドル、ショルダーストラップです。
 ハンドルは、二枚合わせにて構成されます。
 付加が掛かる、ショルダーストラップには真鍮製のアイレット(削り出し無垢製)
 こんな感じで、真鍮の支柱に通します。
 次に、サイドホールド・ストラップの取り付けです。
 主軸となるメインパーツの背面にセットされます。
 そして、レザーフラップ背面の3ヶ所の穴から、
 通していきます。
 サイドの穴を通り固定致します。
 フロントで交差する事で固定致します。
 内部は、
 ハンドルを通すと、こんな構造となります。
 次に、クロシェットを取り付けます。
 背面には南京錠を、
 では、同様にAir Bag 35も組み立てます。
 思った通りです。
 画像では、伝わりづらいかもしれませんが、。
完璧です。

バッグ本体も、とても楽しみです!
現在、別工場にて生産中です。

以前の記事は、こちらをご覧下さい。
http://2nd-warp-and-woof.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑