Saturday, 16 March 2013

サンプルが完成致しましたので、試着致しました!

今回の企画は、1937年に撮られたハリウッド俳優の一枚の写真からとなります。
その俳優の名は、ベイジル・ラスボーン(Basil Rathbone)です。
えっ、誰?
と、日本では知る人ぞ知るハリウッドの大スターとなります。

では、この写真を見れば、。
御存じの通り  "シャーロック・ホームズ"です。
アメリカでは、最高のシャーロック・ホームズ俳優として名高く、現在に至るまで伝説的存在の人物となります。
1939~1946年に渡り14本の映画でホームズ役を演じております。
簡単に言うと、寅さんを演じた"渥美清さん"ぐらい有名な役者さんです。
そして、もう一作品ご紹介いたします。
なぜか一般的に、左側の怪物を"フランケン"や"フランケンシュタイン"と呼ばれておりますが、。
フランケンシュタイン博士が造った人造人間で、特に名前のない怪物(モンスター)となります。

"フランケンシュタインの復活"(1939年)で、フランケン役を演じた事から次々とホラー映画に出演する様になり怪奇ホラーのスターとも呼ばれる人物です。
シャーロックホームズ役を演じた時期が主に第二次世界大戦中であった為に、残念ながら日本では1本も劇場公開されず、テレビ放映の記録もない為、彼の知名度が高くないと言う訳です。

一方、ベイジルのプライベート・ファッションはとてもお洒落で参考になります。
少し御紹介いたします。
これが、当時のリアルなスポーツスタイルです。
すみません、かなり本題からずれてしまいました。

 この写真は1937年のスタジオ撮影の合間に撮られた1枚の写真です。
実際に彼の着ていたシャツとは異なりますが、この感じを表現出来ればと企画いたします。

そしてサンプルが完成致しましたので、ご覧下さい。
 ループ留めのイタリアンカラーとなります。
 上まで留めると、こうなります。
 前開き下は、タックへと続きます。
 胸のモノグラム刺繍が良い感じです。
それでは、試着致しますので御覧下さい。
 なかなか同じアングルにはなりませんが、良い感じです!
 正面はこうなります。
 定番のポロシャツからのアレンジ企画となりますが、ボタンと刺繍でかなり印象は変わります。
テニスウエアーとして1950年代後半頃から、現在のポロシャツの型になりますが、。
今回は、1930年代のスポーティーなサマーウエアーとして提案いたします。
 肩線は、かなり斜めに切替えて極端な後肩に致しました。
 では、オリジナル・ビーチジャケットを、
 製品は5mm~1cm程、衿巾を太く変更する予定です。
 では、カジュアルに、
 シャツの裾はタックインしても、出しても丁度良い丈に設定しております。
 デニムに合わせて、
やはり胸の刺繍とボタンが、とても良い役割となります。
 今期、とてもお薦めのポロの完成です!

 以前の記事は、こちらをご覧下さい。
 http://2nd-warp-and-woof.blogspot.jp/2013/02/blog-post_28.html

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑