Friday, 15 March 2013

Type 1930's Button Down Shirts の試着画像です。

c/#.3 Blue Stripeから試着致します。
良く目にするストライプシャツですが、それは当時から基本とされ現在に至っても定番のストライプとなります。

とてもゆったりとした身頃と袖に、少しロングポイントのボタンダウン・カラーが1930年代のスタイルとなります。

5ポケットデニムパンツに合わせて試着致します。
 カフスと衿以外は、とてもゆったりとしたシルエットで着心地は抜群です。
 爽やかなストライプ、良い感じです!
 気温差が多いこの時期ですので、Original Chindits Sweaterを。
 ビジネスシーンの場合はと、タイを。

 ベストでは、

ネクタイ着用でも、少しカジュアルな会社が最近は増えております。
 ジーパンにジャケット。
 ですが、TシャツにGパンで腕まくりが一番のお薦めです。
薄くて、とても着心地の良い素材です。
暑い夏でも、Tシャツ1枚ではなく少しお洒落したいですね!
次に、 c/#.4 Blackの試着です。
上から、セーターを。
良い感じですが、黒は特にコーディネイトは必要ないと。
シンプルにGパンが、一番好きなスタイルとなります。
ラフに腕まくりです。
 ですが、ジャケットを合わせる場合はこの感じがお薦めです。
*良い感じですが、この場合はTシャツを着ないで下さい。
c/#. 8 Yellow Tattersallsの試着です。
 赤や青の色の無い、とてもなじみ易いアースカラーのタッタ―ソールとなります。

 少しブリティッシュ風に試着致します。
 Gパンに、ジャケットを合わせても良い感じで英国スタイルとなります。
 カジュアルなコーディネートでは、
c/#. 7 Red Tattersallsの試着です。
5ポケットのブラックデニムで、普通に良い感じですが、やはり暑がりの私は夏に向けてショーツを合わせてみました。
ゆったりとした身頃は、涼しく少し大人のスタイルとなります。
試着致しませんでしたが、白のオックスは勿論必需となります。

伝統を受け継いだ家系のアメリカ大統領J.F.ケネディのスタイルで、後にアイビーリーガ―達の憧れのアイテムとなりました。

時代と共に変化するファッションですが、あくまでも1930'sスタイルでの提案となります。
"Type 1930's Botton Down Shirts"

Col. 
1930's American Style
c/#. 1 White / CM80/2 Oxford Cloth
c/#. 2 Hairline Stripe Salmon Pink 
c/#. 3 Pencil Stripe Blue Chambray
c/#. 4 Black / CM80/2 Oxford Cloth
British Traditional Sports Style
c/#. 5 White Traditional Oxford Cloth
c/#. 6 Blue Tattersalls
c/#. 7 Red Tattersalls
c/#. 8 Yellow Tattersalls

Mat. 100% Cotton

Size: 14 1/2  /  15 1/2  /  16 1/2
Size Specs(型紙寸法)
着丈: 14 1/2 = 75.6cm / 15 1/2 = 77.3cm / 16 1/2 =79cm
身巾: 14 1/2 = 53.6cm / 15 1/2 = 56.1cm / 16 1/2 = 58.6cm
裄丈: 14 1/2 = 80.1cm / 15 1/2 = 82.3cm / 16 1/2 = 84.5cm
衿ぐり: 14 1/2 = 39cm / 15 1/2 = 40.5cm / 16 1/2 = 42cm

Price: ¥17,640-(税込)


c/#. 2  Hairline Stripe Salmon Pink の試着画像は、こちらからご覧下さい。
http://2nd-warp-and-woof.blogspot.jp/2013/03/blog-post_6639.html
c/#. 6 Blue Tattersalls の試着画像は、こちらをご覧下さい。
http://2nd-warp-and-woof.blogspot.jp/2012/11/type-1930s-botton-down-shirts_12.html

No comments:

Post a comment

TOP PAGE↑